「仮想通貨は安全か否か?」と聞かれるけど、真裏にはどんな言葉が含まれているの?

「仮想通貨は安全か否か?」
こういうお問合わせが結構あります。

何に仮想通貨を利用するのか?ということになるのでは?
異国間の為替送金に使うのならば、手数料が安いのですから何の問題もないかと思われます。
銀行を利用して異国へ送金するときの手数料と、ビットコインを使っての送金との手数料の違い。
これを調べてみれば良いのでは?

仮想通貨を使っての資金集めをするのは、株式を発行することと同じでしょうから、株式市場が安全か否か?と聞いているようなモノ。
一部上場の企業ならば信用が集められ、新興市場(ジャスダックやマザーズなど)では、審査が甘い分だけ信用も薄いと言うだけ。
では、新興市場に登録している会社のすべてが安全かどうか?そんなことは誰にだって分かるわけはないのであって、安全だと思う会社に投資をするだけの話となるのでしょう。
一部上場の大企業だって倒産するときには倒産するのだから。

「仮想通貨は安全か否か?」と聞いてくる方々の殆どは、完全に口には出さないものの「仮想通貨に投資をして、利益が得られるのならば投資をしたい。損をするのならばしたくない。詐欺に合うのも嫌だ!」ということなのだと思います。
直接聞いても口をモゴモゴするだけですから推測の域になってしまいますが、「安全か否か」という言葉の真裏に「利益が確実に出て損はしないのか?」と思惑が隠れているのではないかと推測されます。

確実に利益が出るのならば誰だってやるって(笑)
全財産を仮想通貨に入れて、必要な分だけ円に換金していれば常に利益が出ているのだから。
でも、「安全か否か」と聞いてくる方々の殆どが、確実に儲かるのならばやりたいという方々ばかり(笑)

言葉はきついかもしれませんが、確実に儲けたいという方々は、投資や投機をやる資質を持ち合わせていないと思っています。
利益を出したいのならば、出したい利益と同等のリスクを背負う必要があるのですから、最終的に利益が出ても損失となっても自己責任。
自己責任で仮想通貨を投資対象とするのならば、利益が出ても損失が出ても安全であり、自己責任は嫌で利益しか考えらないという方は、利益が出ない場合を認めない限り、参加資格が無いのでは?と思っています。

「仮想通貨は安全か否か?」と聞かれその言葉を額面通りに捉えれば「安全」とお答えしますが、「安全か否か」の言葉の真裏に含みがあると感じた場合には「分かりません」としか言いようがないのです。
失敗したときに責任を転嫁されても困りますし、仮に「危ない」と止めてしまって、やっていたら利益が出ていたと後から責められるのも嫌ですから。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日経平均株価が大興奮状態になるときには、こんな共通点があった!
購入?レンタル?
無駄な消費をしないための心得
今を楽しめない節約と今を楽しむ倹約
三菱東京UFJ銀行が「国債」から離れる?
「106万円の壁」に挑戦!
東京五輪「アスリートファースト」?「競技場ファースト」だろうに
周りと比べても、貯蓄は増えません!
コンビニのロボット化は、日本の未来を明るくする?それとも……
マイナス金利の日本円が売られ、利上げをする米ドルが売られる理由
子ども1人の教育費、月平均にすると……あなたの家計は大丈夫?
ぼったくりの保険商品?にダマされないために……
無駄遣いをしながら貯蓄をするには?
2018年3月は株式市場に注目したほうが良いのでは?
日経平均は11/15がポイント!?

Menu

HOME

TOP